調査手順 詳細
1.調査準備 調査計画の立案・実施計画書の作成・必要資料の借用
2.現地調査 現地調査・ラベル取付・確認
計測・診断・写真撮影
※作業中に異常を認めた場合は、異常状態を把握して写真等にて監督員に連絡
3.カルテ作成・集計等 各樹木毎のカルテ作成・分類・集計
C判定木立ち合い・処理方法や考察など
4.報告書作成 成果品をまとめ、報告書を提出

目  視
木槌打診
  鋼棒貫入
樹勢、樹形、生育状況等を調べる 樹皮の状況や内部の空洞の有無を調べる 根元の材の腐朽等を調べる

上部外観診断
(梯子使用)
 
上部外観診断
(高所作業車使用)
梯子を使用し、上部の幹や枝の損傷や腐朽の状況を調べる 高所作業車を使用し、上部の損傷や腐朽の状況を調べる



貫入抵抗測定器による診断   振動波測定器による診断  
上部精密診断
(高所作業車使用)
レジストグラフにより内部空洞規模の測定を行う インパルスハンマーにより内部空洞規模の測定を行う 高所作業車を使用し、レジストグラフやインパルスハンマーにて精密診断を行う