平成18年4月21日に九州支部 平成18年度 樹木診断技術研修会が北九州市の到津の森公園で行われ、多数の参加をいただきました。

樹木診断技術研修会
主催:街路樹診断協会九州支部
共催:日本樹木医会九州地区協議会 、(社)北九州緑化協会
後援:北九州市、(社)日本造園建設業協会九州総支部
日時:平成18年4月21日(金)  10:00〜16:00
屋内研修・・・到津の森公園管理センター
屋外研修・・・到津の森公園


講師及び演題
□屋内研修
「樹木の診断について」「事例の紹介」
講師:堀大才(NPO樹木生態研究所代表理事)、笠松滋久(街路樹診断協会副会長)

□屋外研修
「樹木の診断方法の実際」(園内腐朽木を対象)
ガンマ線、ピカス、レジストグラフ、横打撃共振法(FFTアナライザー使用)
講師:飯塚康雄(国交省国土技術政策総合研究所、樹木医)、笠松滋久 ほか